top of page

パープルのとんぼ玉の意味と効果

●意味や効果の解説に先立って、パープルの大阪とんぼ玉を紹介します。

趣のあるパープルの大阪とんぼ玉は、大人の女性に年中おすすめのカラー。紫色は落ち着きを与えてくれる色として人気です。


上黒と呼ばれる黒いガラスは、個性を生かすのが一番難しい色。


半透明の白い硝子に溶かし込むことにより、渋い蜻蛉玉にしました。薄く引き伸ばすと、真っ黒ではなく紫がかっているのが特徴です。


墨汁を乳白色の水に入れて混ぜた瞬間のようなビーズは、落ち着いていて趣があると外国の方にも人気。


憶え易いよう、大阪とんぼ玉職人がコットンパープルと現代名を付けました。


●パープル・紫色の意味・効果

パープル・紫色はスピリチュアルな成長や洞察を象徴する色で、精神的な探求や洞察を深め、自己啓発に役立つと信じられています。


直感力や想像力を刺激し、新しいプロジェクトに取り組む際にアイデアやインスピレーションをもたらしてくれるそう。


●とんぼ玉(ガラスビーズ)としての意味・効果

とんぼ玉は高温の炎でガラスを溶かす、バーナーワーク・ランプワークという技法によって作られています。火の力が使われ、人の意思によって形成されるため、創造力・活力・可能性を与えると言われます。


紫色には霊的な加護、浄化の効果もあるそうです。ガラスビーズのパワーと合わせてお守り・魔除けとして使われてきました。


職人タカシは、将来の持ち主の幸せを願いながら、炎と向き合いとんぼ玉を作っています。私のとんぼ玉を選んで下さった皆さまに、良い運気が訪れますように!



他の大阪とんぼ玉の意味と効果は、下の写真よりご覧いただけます。

下のリンクから職人タカシのガラスジュエリーショップをご覧ください。

閲覧数:189回

Kommentare


bottom of page