ブルーのとんぼ玉の意味と効果

●意味や効果の解説に先立って、ブルーの大阪とんぼ玉を紹介します。


宇宙に浮かぶ青い地球のような、幻想的な青いとんぼ玉。

男女ともに人気のカラーです。海や空を連想させる開放的な色で、夏場や天気のいい日に使うのがおすすめ。


和名で瑠璃(るり)というガラスで作っています。瑠璃ガラスを半透明のミルキーガラスと混ぜ、雲のような表現を生み出しています。


瑠璃ガラスは非常に高価で、その名前は「最強の霊石」と呼ばれるラピスラズリに由来すると伝承されています。また、青い宝石は仏教の七宝の一つ。


とある神社の神主さんが、このブルーのとんぼ玉を凄く気に入って、何度も購入して下さっています。このような青には心を落ち着かせる効果があるそうで、悩みを抱え気分が沈んだ人には、青い物を見せると良いそうです。神社仏閣に関わる方からの助言は、とても深いですね。


憶え易いよう、職人タカシがコットンブルーと現代名を付けました。


●ブルー・青色の意味・効果

ブルーが象徴するのは、心の落ち着き・強さ・誠実などです。とんぼ玉はハンドメイドのガラス工芸品。パワーストーンと呼ばれる天然石とは少し違い、複合的な意味や効果があると古来より信じられてきました。


男性が一番好む色で、男性が自分用に購入されるときは大抵この色を選ばれます。ペアアクセサリーとしてカップル・夫婦で購入される時も、男性用はブルーが多いです。


青は心の落ち着きだけでなく、誠実さの象徴とされています。政治に携わっている方が、誠実感を与えるために青いネクタイをするのはよく知られた例です。


Studio技ではそんなに沢山のメンズアクセサリーを作っているわけではありません。が、数少ない男性用のブレスレットや根付・羽織紐などの和装小物は、頻繁に売り切れる人気です。


●とんぼ玉(ガラスビーズ)としての意味・効果

とんぼ玉は高温の炎でガラスを溶かす、バーナーワーク・ランプワークという技法によって作られています。火の力が使われ、人の意思によって形成されるため、創造力・活力・可能性を与えると言われます。


それだけでなく、煌めくガラスには邪気を払うパワーがあると古来より信じられ、お守り・魔除けとして使われてきました。


職人タカシは、将来の持ち主の幸せを願いながら、炎と向き合いとんぼ玉を作っています。私のとんぼ玉を選んで下さった皆さまに、良い運気が訪れますように!


ブルーの大阪とんぼ玉を使ったアクセサリー一覧はこちら >>>


他の大阪とんぼ玉の意味と効果は、下の写真よりご覧いただけます。(準備中)

ご購入は下のオンラインショップへのリンクからお願いいたします。

#とんぼ玉とは #とんぼ玉意味 #とんぼ玉効果 #とんぼ玉作り方 #とんぼ玉由来

閲覧数:190回