雲仙温泉 雲仙地獄 九州旅行 Part.4

更新日:1月24日

⑦雲仙温泉(雲仙地獄)で湯煙に蒸される

雲仙温泉 動画


⑦雲仙温泉(雲仙地獄)で湯煙に蒸される

雲仙温泉(雲仙地獄)の公式サイトはこちら。

雲仙温泉の読み方は「うんぜんおんせん」。長崎県の島原半島にある、有名な温泉郷です。

吉野ヶ里から高速で約2時間、サクッと雲仙に到着、、、と言いたいところですが、結構ハードなドライブでした。雲仙岳のふもとまでは快適なドライブ。ですが、温泉街に着く直前にドラゴンロードと呼ばれる山道があります。安いレンタカーで馬力がない軽自動車だったので、必死で登ります。

道は空いていて車はほとんど居ないのですが、オートバイが大量に走っています。どうやら、ツーリングのメッカのよう。道が細く追い抜いてもらうのも大変。ドラゴンロード途中の展望スポットから海が見えます。冬に来るなら、しっかりしたスノータイヤをはいた馬力のある車で来た方が良さそう。 長崎のバイカーは日中でもヘッドライトをちゃんと点灯している方が多いです。(だいぶ前に、こち亀でもこのことは話題にされていたような気がします。)

ドラゴンロードからの眺め
ドラゴンロードからの眺め

駐車場を探している時から、硫黄のにおいがします。北海道の硫黄山を思い出しました。こりゃー、また服が硫黄臭くなるのは間違いないですね。私の中の雲仙地獄のイメージは、昭和の時代に、湯けむり殺人事件などと題されたテレビドラマで、犯人が追いつめられる場所のような感じ。

雲仙地獄入口
雲仙地獄入口

温泉がどこか探すまでもなく、道路がすっぽり水蒸気で見えなくなっている所があります。入口からけっこうな地獄っぷり。観光案内にも、シンプルに「地獄」と書かれています。


凄すぎて、ボキャブラリーが幼稚になる大阪人。「うわー、凄い。めっちゃ凄い。」「えー、まじで、ボコボコいってるやん。」「ていうか、足の裏熱いねんけど。」「ほんま硫黄やばい。」「ゆで卵あるやん!!


雲仙地獄に入ってすぐのところに、雲仙地獄工房という小屋があります。 売っているのは、ゆで卵と思いましたが蒸し卵です。まあ、殻をむけば中身は同じ。食べれば寿命が延びるご利益があるそう。ご利益が無くても、シチュエーション的に食べておくのが当然です。買う時は熱々なので、冷ますために袋に入れたまま、地獄を散策します。

雲仙地獄の猫
猫にとっては地獄も極楽

足湯ならぬ雲仙地獄足蒸しがあります。スニーカーを履いていても地熱を感じることができるので、裸足で歩く勇気はありません。柵の向こう側のもっと熱そうな所で、猫が調理されています。え、まって、この地獄で昼寝っすか?さすがネコ科、人知を超えた熱への耐性です。


雲仙エリアは1934年に、日本初の国立公園として指定されたそうです。そのため、多くの自然が残っています。この雲仙温泉には、キリシタン殉教者のための十字架の祈念碑があります。江戸時代にここで何が起こったのか、悲しいお話なので今は割愛します。明治時代になると、外国人観光客も訪れる温泉郷になりました。

大叫喚地獄展望所
蒸しタマゴを大叫喚地獄展望所で

そこらかしこから噴き出している、煮えたぎった熱湯と煙は、地獄と呼ぶのに相応しい光景です。時間の都合で、今回は温泉に浸かれないのが残念。温泉街は古湯・新湯・小地獄の3エリアに分かれていて、旅館の日帰り温泉コースや公衆浴場で熱い温泉を楽しむことができます。地表に沢山、湯ノ花が堆積しています。削って持って帰って、お風呂に入れてみたい気がしましたが、ちゃんと買って帰ることにします。

すっかり服も車も硫黄くさくなったところで、長崎市内へドライブです。明日は今回の旅行のメインイベント、軍艦島ツアーに行きます。

途中で綺麗な夕日スポットで停車しつつ、長崎市に向かいます。googleマップが提案する高速道路は使わずに、1時間17分かかる方の海沿いの道を行きます。

島原半島から見る夕日
島原半島から見る夕日

長崎市内のポートの近くにある、コンフォートホテル長崎に泊まります。リーズナブルだし、翌日軍艦島ツアーに出かける際、提携駐車場に車を預けっぱなしにできるので便利です。夕ご飯はもちろん長崎中華街に行きます。


中華街のゲートをくぐり、すぐ右手にある大きな中華レストランで食事をしました。茄子の炒め物がすごく美味しかったです。商店街の売店でも、角煮を挟んだ角煮まんじゅうを食べます。その後は、港に散歩。大きな帆船(観光丸)が止まっています。えぇ~、乗りたいな。明日、軍艦島クルーズで乗る船はどれだろう?ポート周辺には、長崎県美術館やライトアップされた水辺の森公園があり、夜でも綺麗です。

長崎の観光丸
観光丸(やまさ海運)と長崎港の朝

ホテルに戻る途中、ライトアップされた広い橋がありました。和風の白塗りの長い壁と、落ち着いた感じの日本家屋が見えます。え?これって、出島ってやつ?うそやん、いつ復元したんこんなん?目を凝らすと、入口辺りに侍っぽい人がいる!


明日は軍艦島から戻ったら、デジタルミュージアムかグラパー園に行こうと思っていました。が、こんな良さげな観光スポットを見過ごすわけにはいきません。優先順位変更です。

→Part.5につづく

Part.1 Part.2 Part.3 Part.4 Part.5 Part.6 Part.7 Part.8

雲仙温泉 地獄 動画

→Part.5につづく

Part.1 Part.2 Part.3 Part.4 Part.5 Part.6 Part.7 Part.8


閲覧数:23回