犬鳴山 ハイキング Part.3

更新日:1月5日

⑦心霊スポット?犬鳴山トンネル ⑧ハイランドパーク粉河

⑦心霊スポット?犬鳴山トンネル

ここから先は、お寺からさらに上の展望台を目指してハイキングした感想です。


実は旅館から出発する時に、仲居さんたちに「ハイランドパーク粉河までハイキングしてきます。」と言ったら、「えぇ~、遠いですよそこは!普通の人は行者の滝までいって戻ってこられますよ。」と忠告されていたのです。


ですが、旅行に来る前にネットで調べた時に、「ハイキングで展望台に行きました」と書かれているブログをいくつか読みました。泉佐野市の公式ページにもおすすめハイキングコース(犬鳴山バス停から往復約6時間)として載っているし、行けるはず!時間もまだ早く、正午ごろでした。


道中のマップを確認すると、頂上まで3.5km(徒歩105分)との記載が。え~、たった3.5kmやで?そんなにかからんやろ?と、高を括っていたのですが、はい、かかりました。

ずっと登りで、景色を楽しんで歩みが遅くなるので、私は2時間かかりました。小さな子供は無理です。足腰が丈夫な大人は頑張って登って下さいね。

犬鳴山の野イチゴ

途中、季節がら野イチゴが沢山実っていました。数個食べてみたら、懐かしい味がします。子供の頃に記憶した味と全く同じ。いっぱい採ってジャムかパイにしてみたい欲望がこみ上げましたが、旅行の目的からだいぶズレるので今回は諦めます。


地域で配っている地図ですが、一部わかりにくい所があります。行く方向に悩んだら、アスファルト舗装道路を進みましょう!電波が無いのでgoogleマップで調べることもできません。山林を無視して舗装道路のみをずっと歩いていても、山頂まで辿りつけます。

急に、トンネルが現れます。

トンネルを徒歩で通り抜けるのって、凄くワクワクしませんか?なんだか、異空間にいるような気持ちになります。声が響くのも面白いから、歌ったりして。


犬鳴山トンネルは心霊スポットという噂があります。というか、夜中にこんな人気の無い山の、交通量がほぼ無いトンネルに来る人なんているのでしょうか??私はお化と同じくらい、深夜ここに居る人が怖いです。


ホラーネタが苦手な人は、さっさと通り抜けて外の綺麗なお花を眺めましょう。

犬鳴山の花

⑧ハイランドパーク粉河

最後の林道が一番キツイ!雨が降った後だったら、たぶん登れない傾斜です。下山の時に気づいたのですが、最後の林道は近道のように見えますが、舗装された車道を歩いた方が時間と体力をセーブできます。

とやかくするうちに、急に開けた山頂にたどり着きました!

ハイランドパーク粉河

ここが目的地のハイランドパーク粉河です。車やバイクが沢山とまっていて、みんな景色を楽しんでいます。駐車場からも大阪平野と和歌山方面の両方が見え、結構な絶景です。ここは実は、もう和歌山県で、標高は636メートルあります。(写真:大阪平野と大阪湾)

ハイランドパーク粉河からの眺め

すぐ近くにある展望台がもう一つの目的地だったのですが、なぜだかこの日は閉まっていました。でも、眺めはハイランドパーク粉河からのものとそれほど違わないと思います。


景色の鑑賞だけでなく、ハイランドパーク粉河でどうしてもしたい事が、私にはありました。

ハイランドパーク粉河のイノシシうどん

それは、期間限定のイノシシうどん!今回の旅行の下調べをしている時に、「ゆたか茶屋」の猪うどんを紹介しているブログがあったのです。5月末までの限定メニューのようで、幸運にもすべり込みで頂くことができました。


味噌ベースのおうどんで、とてもホッとする味。猪肉を食べるのは、沖縄の西表島以来でした。七宝瀧寺の参道に入ってから、ここまでハイキングしてくるまで食べ物は売っていません。私も食べたものと言えば、携帯食のチョコレートやせんべいぐらいでした。あ、あと、道端の野イチゴ。


美味しい(珍しい)うどんを頂戴した後は、1階の売店でさらにアイスなどを買い食いし、帰路に着きます。基本的には、来た道を戻るだけ。帰りも2時間ほどかかるので、あまり長居をしている暇はありません。この段階で、時刻は3pmぐらいでした。

→Part.4につづく


Part.1 Part.2 Part.3 Part.4


閲覧数:40回